木村龍之介

カクシンハン主宰 演出家・作家

1983年、大分県生まれ、兵庫県宝塚市育ち

東京大学で英米文学を専攻、シェイクスピアを研究。

 

故・蜷川幸雄の稽古場で演出を学んだほか、多くの現場で創作の一端を担い2012年にカクシンハンを立ち上げる。

 

ほぼ日の学校「シェイクスピア講座2018」にて最年少講師を務め、早稲田大学、東京大学駒場祭での講演会、「三田文學」への寄稿、

初期戯曲「ハムレット×SHIBUYA」が英国で翻訳・出版される予定などアカデミックな分野でも幅広く活躍している。

藤原佳奈

演劇家 mizhen主宰。


兵庫県姫路市出身。京都大学文学部卒業。

2012年、演劇創作ユニットmizhen旗揚げ。

以後全作品の脚本や構成、演出を担当。

・『夜明けに、月の手触りを』が、第21回劇作家協会新人戯曲賞最終候補にノミネート。

・演劇×動画の祭典 第5回クォータースターコンテストでグランプリ含む4賞受賞。

・『Sの唄』で、平成28年度希望の大地の戯曲 北海道戯曲賞優秀賞受賞。

「日経COMEMO」でKOLとして連載中。

木曜限定、文化の交わるスナック『みずとひ』オーナー。

『縁側ラヂヲ』運営。

園田喬し

演劇ライター,編集者 (雑誌『BITE』,編集長)

演劇雑誌、演劇情報サイト、公演パンフレット等で執筆。

小劇場シーンを積極的に取り上げている。

演劇の話をするイベント「BITEキャラバン」を隔週で開催中。